マイクロ知能システム研究室


マイクロメートルからナノメートルの微小な領域で支配的となる物理的・化学的現象を深く解析し、その知見を元に今までにないデバイスをつくりだして、工学的にも価値の高いセンサやアクチュエータへと応用している研究室です。特にMEMS(マイクロ電気機械システム)、ロボティクス、情報工学の連携により研究を進めています。
デバイスの応用先は幅広く、例えばセンシングの研究では人体の運動から昆虫や単一の細胞までが対象となります。さらに、ロボットなどの知能機械への応用も行っています。それらの中から自分ならではの研究対象を選び出し、世界初の成果を目指している研究室です。

・圧力・せん断応力3軸センサと人の歩行や嚥下などの動作計測への応用
・機能性の液体を有機膜で封止した可変焦点レンズなどの高機能光学素子
・昆虫の羽ばたき飛翔や走行における力計測を通した昆虫の移動機能の解明
・グラフェン、メタマテリアルなどのナノスケール材料の応用



下山・松本・高畑研究室

NEW TOPICS