システム工学研究室


人間と計算機を分かちがたく一体化し、全体として高度な情報処理システムを構築するための技術をサイバネティック・インタフェースと呼ぶ。本講座では、バーチャル・リアリティ技術を端緒として、この種のインタフェース技術について、様々な角度から研究を行う。特に、システムの開発にとどまらず、それによって生みだされる新しいコンテンツについても重視する。具体的には、高品位な仮想環境を利用したインタラクティブ・コンテンツの研究、触覚や嗅覚を含むマルチモーダル・インタフェースの研究、ウェアラブル・コンピュータによる体験の記録に関する研究、ユビキタス環境の構築技術とコンテンツ開発に関する研究などである。

研究テーマの例:
Virtual Reality / Mixed Reality
・バーチャルタイムマシンに関する研究
・大量情報理解のための可視化インタフェースの研究
・実写による高品位 VR コンテンツ構築手法の研究
・広域型 VR のためのシステムとコンテンツに関する研究
・実世界 VR 通信(実体型ビデオアバタ)の研究

Human Interface
・五感情報通信のための情報インタフェースの研究
・デジタルオーラルヒストリーの研究
・ライフログの構造化・可視化とライフログからの未来予測に関する研究
・デジタルパブリックアートを創出する技術の研究


NEW TOPICS